BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

世代に合わせたテーマの街づくり、釜山西面は変わる。

釜山の中心地であり、最大の繁華街であるソミョン(西面)を大きく変える試みが行われる。釜山鎮区庁が予算を大幅に投入し、西面一帯を4つの区画に分けてそれぞれの雰囲気に合った世代別テーマの街を造成することにした。

釜山鎮区庁は19日、「釜山鎮区 西面圏世代別テーマ通り造成事業」を実施すると明らかにした。推定予算は約269億ウォンで、環境整備から段階的に開始し、2026年に世代別通りの造成を完了するという方針だ。

釜山鎮区庁は、まず西面それぞれの通りを区分して特化することにした。区分基準が世代という点が目を引く。ソミョン通りは今後、△ソミョン文化路△ソミョン1番街△若者の通り△酔いどれ通りなど4つの区間に分けられる。酔っ払い街は、個性を生かした居酒屋など酒場が多く入り、若い世代の間で通用する通りの名前だ。都心を整備することを超えて、ソミョン( 西面)にすべての世代が流入できるようにするというのが釜山鎮区庁の目的だ。

ソミョン( 西面文化路)」は栄光図書一帯を指す。栄光図書を筆頭に食堂やカフェなどが立ち並び、中高年層が多く訪れるが、あちこちに道路施設や象徴物が設置されており、混乱しているという印象が強かった。西面駅9番出口の前にはホームレスが陣取っていた。区庁はまず施設物の整理を行った後、スモーククーリングなども設置する予定だ。ホームレスの点検も行う。整備後は、フリーマーケットブックコンサートなど様々な文化イベントで埋め尽くす。

伏流川一帯である「ソミョン1番街」は、すべての世代のための空間に変身する。区役所側は、祭りの通りにすると説明した。まず、既存の祭りを統廃合し、水鉄砲祭りやビール祭りなど最新のタイプの祭りを構想して適用することにした。夜間にはテーマとテーマがある光の通りにする。家族連れのお出かけスポットにするという趣旨だ。区庁は日本の神戸の事例を参考にすることにした。

田浦洞と隣接する「若者の通り」と「酔っぱらいの道」には、2030世代のためのコンテンツを用意する案が提示された。壁面グラフィティ、3Dホログラフィックアートなど、若い層のためのコンテンツを構想して適用する予定だ。SNSの広報がうまくいき、口コミが広まれば、全国的な名所として浮上する可能性もある。区役所側は、西面交差点から凡一洞に向かう中央大通りは「メディアファサード特区」に指定するという構想だ。 特定の建物を決めて外壁にメディアファサードや照明を設置する案も検討中だ。

区庁側がこのような事業を構想したのは、ソミョン( 西面)商圏の衰退の危機感から始まった。ソミョンは全国的にも釜山を代表する都心で、長い間独歩的な商圏だった。最近は低迷期と判断される。広安や影島、田浦洞など若い世代が集まる場所が多様化したからだ。韓国不動産院によると、ソミョン( 西面)の中・大型商店の空室率は今年第1四半期の11.9%から第2四半期の14.3%、第3四半期の14.6%に増加した。

区庁の計画が西面一帯の流入人口を増やすことができるかどうかはまだ不明だ。ソミョンを取り巻くチョンリダンギル、チョンポサギル、チョンポ遊び場市場が新興商圏として定着した状況で、ソミョンとの連携性を高める戦略がさらに必要だという指摘がある。西面一帯の家賃が上がり、新しい商圏が急速に移動する問題も解決しなければならない。

釜山鎮区庁の関係者は「環境整備など区庁が先にできる事業から段階的に開始する予定」とし、「用役結果が出たので、ソミョン(西面)の活性化方案を模索するために引き続き議論する予定で、すべての世代が楽しめる、訪れたい街に変貌するために最善を尽くしたい」と述べた。

BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-11-22 09:18 · 閲覧数 601
全体 0

全体ニュース 268
https://www.tabi.kr/contact