BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

釜山を訪れた外国人観光客が「チャガルチ市場、国際市場」を最も多く訪問した。

今年上半期、釜山を訪れた外国人観光客が最も多く訪れた地域は中区のチャガルチ市場と国際市場であることが分かった。

9日、釜山観光公社の「2023年上半期の釜山観光産業動向分析報告書」によると、今年1~6月の外国人観光客は56万5千226人で昨年同期の8万9千人に比べて529.7%増加した。

コロナ19以前である2019年上半期の132万人、2018年上半期の116万人などには及ばないが、急速な回復傾向を示した。

最も最新のデータである今年10月一ヶ月基準では、釜山の外国人観光客は22万4千人余りと集計され、コロナ19以前である2019年の25万人余りに迫った。

外国人観光客は国籍別ではアメリカ人が9万4千人余りで最も多く、中国人は6万8千人余り、オーストリア人は5万4千人余り、日本人は5万3千人余り、香港人は3万4千人余りだった。

外国人訪問者が最も多く訪れた地域は中区の「チャガルチ市場・国際市場」で、7万7千人余りが訪れたと集計された。

次に釜山西面7万人余り、BIFF広場一帯6万2千人余り、海雲台海水浴場6万人余り、海雲台市場6万人余りが訪れたことが分かった。

国籍別に好む地域は異なっていた。

日本人訪問者はチャガルチ-国際市場、釜山西面、BIFF広場一帯などを好んだ。

米国訪問者は五六島・イギデガルメッギル、松亭海水浴場、釜山椿島を多く訪れ、台湾訪問者は甘川文化村、月見峠、オシリア、海東龍宮寺などを訪れた。

上半期の外国人訪問者の総支出額は2千607億ウォンと集計された。

4月556億ウォン、5月541億ウォン、6月に568億ウォンで500億ウォン台を毎月着実に記録した。

外国人は宿泊業種に708億7千万ウォンで最も多くのお金を使い、百貨店・免税店で633億7千万ウォン、割引店・スーパーで187億1千万ウォンを使った。

外国人訪問者が最もお金を使う釜山観光地は、西面で370億3千万ウォンを支出し、次に海雲台海水浴場220億4千万ウォン、センタムシティ202億9千万ウォンだった。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2023-12-10 07:19 · 閲覧数 303
全体 0

全体ニュース 268
https://www.tabi.kr/contact