BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

加徳島新空港~釜山「20分」の空の道が開かれる。

来る2029年12月に加徳島新空港が開港すると、空港と都心を20分で結ぶ空の道ができる。

21日、国土交通部と釜山市によると、国土部が加徳新空港の東側の空港支援施設敷地に都心航空交通(UAM)機体が離着陸できる「バーティポート(垂直離着陸場)」敷地造成計画を反映した。

これに対し、釜山市はこのような内容を盛り込んだ国土部の加徳新空港の建設事業基本計画告示を基に、都心と空港を20分で移動できる2つの路線を運営する計画を明らかにした。

第1路線は加徳島新空港から出発し、空港複合都市、ミョンジ新都市、エコデルタシティ、金海空港、サムラク交差点、北区徳川交差点まで海と洛東江を活用して空の道をつなぐ計画だ。

第2路線は、海の道を利用して加徳島新空港から多大浦海水浴場、ウアム埠頭、イギ台、新海雲台駅、機張郡オシリア観光団地を結ぶ構想だ。

国土部はUAM活性化のために2023年に都心航空交通法を制定し、2025年のUAM商用化を目指して関連サービスを発売する計画を立てた。

釜山市は「加徳島新空港は海上に建設される空港で、未来モビリティ技術であるUAM商用化のための実証に最適な場所だ」と強調した。
一方、加徳島新空港が完成すると、陸路では釜山・蔚山・慶州から1時間以内、南部圏では90分以内に空港にアクセスできる広域鉄道網が構築される。

このため、新空港進入鉄道(新空港~釜山江西区)を建設し、既存の広域鉄道と連結すればよい。先月、加徳島新空港と京電線までの長さ6.6㎞区間を複線で連結する鉄道建設事業が企画財政部の予備妥当性調査を通過した。総事業費は5217億ウォンで、事業期間は来年から2031年までだ。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-01-22 09:26 · 閲覧数 612
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact