BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

釜山北港再開発地を貫通する「李舜臣大路」31日開通

北港再開発1段階の事業地を貫通する「李舜臣大路」が管理権移管問題を終結し、今月末に開通する。これにより、最近開放した北港親水公園のアクセス性が高まり、釜山駅前の慢性的な交通渋滞も解消されることが期待される。

釜山港湾公社(BPA)によると、今月31日に釜山港北港再開発地内の中区と東区を結ぶイ・スンシン大路を開通することを24日明らかにした。李舜臣大路は総1822億ウォンを投じて1.6km、往復4~8車線規模で建設された新設大通りだ。中区沿岸埠頭三叉路から東区釜山港国際旅客ターミナル屋外駐車場前まで接続される。ランドマーク、オペラハウス、マリーナクラブハウスなどの施設を挟んでおり、北港再開発地の中心道路と呼ばれている。

BPAは釜山駅前の忠張大路と李承晩大路をつなぐ2号車道橋(オペラブリッジ)の場合、忠張大路で進行中の地下車道工事が終われば開通する方針だ。

李舜臣大道の開通により、昨年末に開放した約15万㎡の北港親水公園へのアクセスもさらに良くなる見通しだ。同様に、先月29日にオープンした北港マリーナクラブハウスの利用客も増えることが期待される。マリーナクラブハウスには、スキューバダイビングを楽しめる嶺南圏最大の水深のダイビングプールとプールが運営されている。

BPAのチョン・ソンフン港湾再生事業団長は「今回の李舜臣大通りの開通で市民の北港再開発地へのアクセス性が向上し、昨年開放して運営中の親水公園、マリーナなどの利用も活発化することが期待される」とし、「北港再開発事業の残りの事業推進にも万全を期す」と明らかにした。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-01-24 21:04 · 閲覧数 407
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact