BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

太陽のサーカス'ルチア'、ソウルに続き釜山も熱くした。

太陽のサーカス「ルチア(LUZIA)」がソウル公演に続き、釜山でも熱い熱気を続けている。

太陽のサーカス」アートの頂点を極めた作品として定評のある「ルチア」は、メキシコの自然、文化、神話を盛り込んだ伝統と現代性を混合した美しく華やかなミジャンセンと視覚効果を最大化させる精巧な舞台、躍動感あふれる驚くべき技術のアクロバットに水を加えました。

今回の釜山公演は、2007年に「太陽のサーカス」が国内で初めて公演されて以来、ソウル以外の地域でも公演を披露したいという長年の努力の結実である。釜山市と業務協約(MOU)を通じて初めて地方ツアーを確定し、ソウル公演後すぐに釜山に初めてビッグトップが建てられたため、毎回95%以上の客席占有率を記録し、残りの回も完売が間近に迫るなど、釜山の新しい観光コンテンツとしての役割を果たしているという。

「ルチア」PRマネージャーのチャーリー・ワグナー(Charlie Wagner)は「毎回の観客の熱い反応に驚きと感激の連続だ。今後予定されているオーストラリアツアーの日程で釜山での公演期間が短いことをすべてのアーティストとスタッフが残念に思っている」と話した。

また、メキシコの伝説や神話に登場する動物たちを具現化したカラフルなコスチュームと本物そっくりの馬やジャガーパペット、作品の雰囲気に自然に溶け込み、軽快で活気のあるリズムで盛り上げるラテンアメリカ風の音楽も完成度を高め、観客を完全に魅了している。

「ルチア」は、数多くの「初」の修飾語が付く輝かしい記録と成果を続けている。ビッグトップツアー公演で初めて「水」を導入した作品として開幕前から観客の注目を集め、開幕4ヶ月前に初の売上40億を達成し、開幕2週間前に「太陽のサーカス」来韓史上最短で最大売上150億を突破する記録を作った。開幕後は熱い声援が続き、追加回をオープンし、再びソウル公演と釜山公演を合わせて売上300億ウォンを突破した。

太陽のサーカス「ルチア」は来る2月4日まで釜山新世界センタムシティ内ビッグトップで公演される。



太陽のサーカス「ルチア」写真=マストインターナショナル提供
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-01-26 11:01 · 閲覧数 574
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact