BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

昨年、釜山広安里・日光海水浴場の水質評価で6回不適合を記録

昨年、釜山地域の海水浴場の開場期間中に定期的に行われる水質評価で、7つの海水浴場で不適合判定が計21回あったことが確認された。

31日、釜山市保健環境研究院の「海水浴場水質調査結果報告」によると、昨年5~9月に地域7つの海水浴場で計75回の水質調査を行った結果、21回の不適合事例があった。

海水浴場別では、広安里海水浴場と日光海水浴場で不適合事例が最も多かった。

広安里海水浴場は、腹痛などを引き起こす腸球菌と大腸菌などを確認する計11回の調査のうち、6回不適合判定が出た。

日光海水浴場も12回の同じ調査で6回が不適合判定を受けた。

多大浦・松島海水浴場はそれぞれ3回の不適合判定を、海雲台・松亭・イムラン海水浴場はそれぞれ1回の不適合判定があった。

これは、2022年の検査で不適合回数が全体を合わせて4回だけだったのに比べ大幅に増加したものだ。

報告書は「腸球菌と大腸菌ともに広安里海水浴場と日光海水浴場で汚染度と不適合回数が明らかに増加した」とし、「昨年の繁忙期に降水量が増加し、陸上から汚染物質が多く流入したためとみられる」と明らかにした。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-02-01 07:51 · 閲覧数 425
全体 0

全体ニュース 268
https://www.tabi.kr/contact