BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

鉄道犯罪、3分の1が「性犯罪」...'鉄道犯罪最多発生履歴'は釜山駅

最近5年間、韓国の鉄道駅や列車内で発生した鉄道犯罪の3分の1が違法撮影・強制わいせつなどの性犯罪であることが分かった。最近5年間、鉄道犯罪が最も多く発生した駅は釜山駅だった。

鉄道犯罪は最近5年間、毎年2000件以上着実に発生しているが、最近2年間は発生件数が大幅に増加し、乗客の安全のためのより根本的な対策が求められている。

10日、国会国土交通委員会所属の共に民主党のマング・ソンギュ議員が鉄道特別司法警察隊から提出された「鉄道犯罪の現況」資料によると、2019年から2023年まで最近5年間、鉄道駅や列車で発生した犯罪は計1万2410件と集計された。

鉄道犯罪を年度別に見ると、2019年2459件、2020年2198件、2021年2136件、2022年2891件、2023年2726件で毎年2000件以上の犯罪が着実に発生している。特に2022年と2023年には、鉄道犯罪の発生件数が例年より著しく多かった。

タイプ別では、違法撮影・強制わいせつなどの性犯罪が全体の33.3%の4134件で最も多く、暴力(傷害・暴行)は2274件、窃盗は1693件に達した。横領、詐欺、侮辱、放火、財物損壊、特別法、列車交通妨害などその他で摘発された件数も3421件に達した。

最近5年間、鉄道犯罪が最も多く発生した駅は釜山駅で計368件に達し、続いて水原駅(315件)、ソウル駅(302件)、龍山駅(286件)、東大邱駅(259)の順だった。最近5年間の鉄道犯罪発生上位3路線は京釜線(1626件)、京仁線(557件)、京水線(284件)で、鉄道利用客が最も多い路線である京釜線が圧倒的に多かった。

一方、最近5年間に摘発された鉄道犯罪1万2410件のうち、約92%に相当する1万1392件の被疑者は検挙されたことが分かった。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-02-12 09:50 · 閲覧数 352
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact