BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

昨年、釜山海水浴場7ヵ所で水質不適合事例が急増..."もう避暑できない?"

釜山公設海水浴場7ヵ所の水質不適合事例の発生が1年で4倍以上増加したことが分かった。

10日、釜山市議会福祉環境委員会所属の国民の力イ・ジョンファン市議会議員によると、昨年、釜山公設海水浴場7ヵ所の水質調査の結果、不適合事例が21件出た。2022年には不適合回数が4件だったが、翌年には4倍以上増加した。

イ市議は「釜山保健環境研究院は、昨年降水量が増え、海に流入した陸上の汚染物質が増加したため、海水浴場の水質不適合事例が増加したと見ている」とし、「単純に降水量の増加だけを原因として推定するのではなく、追加調査で原因を正確に把握しなければならない」と指摘した。彼は「昨年、水営区と海雲台区は、広安里・海雲台・松亭海水浴場の水質不適合結果を通知されても、海水浴場利用客に知らせることもなく、何の措置もとらなかった」とし、「汚染源を把握し、海水浴場利用客に汚染状況を公開するように明示した海水部指針に違反した」と批判した。

イ議員は、「海水浴場の水質不適合結果は、市民と観光客の健康に直結する問題であるため、結果を直ちに広く知らせることが重要だ」とし、「これまで海水浴場の水質検査結果を釜山保健環境研究院のホームページにのみ掲載しており、アクセス性が低いため、市民がより簡単に該当情報を入手できるように改善する必要がある」と指摘した。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-02-12 10:25 · 閲覧数 871
全体 0

全体ニュース 268
https://www.tabi.kr/contact