BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

早まる開花に...「鎮海軍港祭」史上最も早い3月22日開幕

全国最大の桜祭りである鎭海軍港祭が史上最も早い時期に開催される。地球温暖化の影響で桜の開花時期が早くなり、祭りの日程も4月初旬から3月末にどんどん早まっている。慶尚南道昌原市は9日、「今年62回目を迎える鎮海軍港祭を3月22日に開幕し、4月1日まで開催することにした」と明らかにした。1963年に始まった国内最大の桜祭りである軍港祭の開幕日がこれほど早いのは初めてだ。2010年から2019年までは毎年4月1日に祭りを開始した。昨年は3月24日の前夜祭を皮切りに25日に開幕した。



<慶和駅 (廃駅)>

1963年の第1回は4月5日に開幕し、16日まで開催されました。第1回と比較すると、約60年ぶりに開幕日が2週間ほど早くなったことになる。

祭りの開幕日がどんどん早まっているのは、地球温暖化の影響で桜の開花時期が少しずつ早まっているためだ。昌原(チャンウォン)気象台によると、桜の観測を開始した2015年から4年間、鎮海区余佐川(ヨザチョン:여좌천)ロマンス橋一帯の桜は3月が終わる29日から31日の間に満開した。 その後、2019年と2020年には3月26日に開花の時期が繰り上げられた。2021年は3月23日に満開した。気象台は、1本の木で80%以上の花が咲いたら「満開」と判定するという。

林野庁や気象庁などによると、今年の桜は昨年よりも早く開花する見込んだ。

平年より短くても1日、長くても1週間以上開花時期が早い見通しだ。済州が最も早い3月20日に開花する見込みで、続いて全州が3月22日、ソウルと蔚山・釜山が3月24日、麗水と浦項が3月25日、光州と大田が3月27日、木浦が3月28日、江陵が3月30日などだ。4月1日は水原、今月3日には春川・仁川などで桜を見ることができる。

気候変動による温暖化の影響で、韓国の春の花の開花時期が目に見えて早くなったという研究結果もある。梨花女子大学の環境工学部のイ・サンドン教授が米英共同研究チームとの研究で、過去100年の間に梅は約53日、レンギョウは約23日、桜は約21日開花時期が早まったと分析した。研究チームは「春が始まる時期は、農業や観光など社会経済に影響を及ぼし、食物連鎖を崩壊させ、植物や動物の生命活動にも影響を与える」と説明した。

異常気象は全国の季節性祭りにも影響を及ぼしている。慶尚北道安東市は1月20日から28日まで開催予定だった「安東岩山氷祭り」をキャンセルした。毎年20万人が訪れる地域の代表的な祭りを中止することになったのは、暖かい冬の天候のせいで、氷の厚さが十分に凍らなかったためだ。去る1月19日から28日まで開催予定だった江原道仁済郡のワカサギ祭りもキャンセルされた。平年に比べて多くの雨が降ってソヤンガムダムの水位が高く、暖かい天候で氷が凍らなかったからだ。昨年4月初めに開催予定だった釜山洛東江(ナクトンガン)菜の花祭りは、冬の寒波と干ばつなどで花が50%以上枯れ、中止になった。

鎭海軍港祭を主管する李忠武公宣陽軍港祭委員会の関係者は「気候変動で桜が早く咲くことを予想して祭りの日程を設定した」とし、「今後は3月中旬に桜祭りを開催しなければならないかもしれない」と話した。

一方、今年の鎮海軍港祭は鎮海中原ロータリーを中心に開催される。鎭海を訪れた観覧客は余佐川から海軍士官学校まで徒歩で移動しながら軍港祭を楽しめるようにした。鎭海駅から中原ロータリー区間には「防衛産業広報ショーケース」通りを造成し、グローバル防衛都市昌原の魅力を積極的にアピールする。

市民体験・参加型旅行社も拡大する。プロポーズステージ、軍港歌謡祭、コスプレ街づくり、桜EDMフェスティバルなどを開催し、桜芸術祭、昌原市立芸術団の創作ミュージカル「安骨浦海戦」など、地域内の芸術イベントとも連携する。

風物市場のぼったくり料金根絶対策も実施する。食品の価格・重量・原産地表示を義務化し、運営業者名と代表者の実名を公開するなど、透明性の確保に取り組む。ぼったくり料金申告報奨金制度と価格取締り班の運営も運営する。



<余左川>
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-02-12 10:59 · 閲覧数 618
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact