BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

釜山都市鉄道1∼4号線電動車室内空気質適合

釜山市保健環境研究院によると、昨年都市鉄道車両の室内空気質を測定した結果、4路線すべて超微細粉塵と二酸化炭素が勧告基準内で管理されていることを8日に明らかにした。

研究院は、釜山都市鉄道を利用する市民の健康を保護し、安全な都市鉄道車両の室内環境造成のため、昨年8月と12月に室内空気質の調査を行った。

調査は、車両の出発地から到着地まで通勤混雑時間帯と非混雑時間帯に2回ずつ超微細粉塵(PM-2.5)と二酸化炭素(CO2)などの室内空気質を測定する方式で行われた。

調査の結果、混雑時間帯は超微細粉塵8.3㎍/㎥(基準50㎍/㎥以下)、二酸化炭素1千65ppm(基準2千500ppm以下)、非混雑時間帯は超微細粉塵7.5㎍/㎥(基準50㎍/㎥以下)、二酸化炭素934ppm(基準2千ppm以下)で測定され、それぞれ室内空気質の勧告基準内であることが分かった。

超微細粉塵は、混雑・非混雑時間帯の区別なく、測定当日の外部の大気質とホームの濃度レベルによって電車内の濃度が変動する傾向を示した。

客室内の空気清浄装置の影響で、すべての路線で乗り場より客室内の室内空気質が良いことが分かった。

二酸化炭素濃度は、混雑時間帯が非混雑時間帯より高いことがわかった。

非混雑時間帯でも乗客数が多い時間(午後4時~午後6時)には高い濃度で調査され、乗車人数と客室内の二酸化炭素濃度が関連性があると分析された。

チョン・スンユン釜山市保健環境研究院長は、「快適で安全な都市鉄道車両の室内空気質を作るためには、換気口に流入する外気の微細粉塵を低減する空調施設に改善し、地下駅内の換気設備と空気浄化設備、客室内の空気浄化装置を適正に稼働させることが重要だ」と述べた。

BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-03-08 09:25 · 閲覧数 551
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact