BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

釜山の新着ニュース

"より速く、より広く"...新型高速列車「KTX-青龍」

KTX開通20周年で公開...優れた加速性能で300㎞/h到達まで「3分32秒」。
座席前後空間20㎜アップ、通路幅154㎜アップ...5月から本格投入
----------------------------------------------------------------------------

国土交通部と韓国鉄道公社(KORAIL)がKTX開通20周年を記念して新型高速列車「KTX-青龍」を1日に公開した。

KTX-青龍は8年近い研究開発の結果、100%国内技術で設計・製作された高速列車だ。8両が1編成で構成され、今年5月から運行を開始する。

KTX-青龍の最大のメリットは「スピード」だ。

最高時速320㎞で国内最速の高速列車だ。2010年に導入されたKTX-山川(最高時速300㎞)より7%ほど速い。

特に加速性能が優秀で、駅と駅間の間隔が狭い韓国の地形的特性に適合するように設計された。

停止状態から時速300㎞に到達する時間は3分32秒で、KTX-山川(5分16秒)より1分44秒短縮された。

これにより、KTX-青龍はソウル~釜山を2時間10分台、龍山~光州松亭を1時間30分台でそれぞれ走行できる。

また、KTX-青龍は「動力分散式」列車で、内部客室が他の列車より広い。

動力分散式は、動力装置が客車全体に分散されている構造で、動力装置がある機関車とない客車で構成される「動力集中式」よりも客室空間をより多く確保できる特徴がある。

動力集中式の列車であるKTX-山川および山川Ⅱと比較すると、列車の全長は似ているが、座席間の前後スペースは20mm、座席通路幅は154mm広くなっている。

全体の座席数も25~35%多くなった。KTX-青龍の座席数は計515席だ。

乗客の利便性も改善された。座席ごとに個別の窓があるだけでなく、220Vコンセント、無線充電器、USBポートが設置された。

国土部は今回KTX-青龍2編成を先制的に導入し、2027年末から2028年まで31編成を追加導入する計画だ。

国土部は今年5月からKTX-青龍をすべて急行高速列車(停車駅を最小化した列車)に投入し、「全国2時間生活圏」を実現するという方針だ。

現在、急行高速列車は1日片道2回運行されているが、5月から1日6回(京釜線4回・湖南線2回)に拡大される予定だ。

これにより、平日の京釜・湖南線の供給席はそれぞれ1千30席ずつ増え、週末の京釜線は線路容量などを考慮して300席が増える。

KTX-青龍の運賃は既存のKTXと同じに設定された。

国土部は、急行高速列車の運行とともに水原を経由する一般京釜線KTXも1日4回増便し、3千820席を追加供給する計画だ。

パク・サンウ国土部長官は、「全国を半日生活圏に繋いでくれた韓国の高速鉄道は、20年間、私たちの日常を完全に変えた」とし、「今後、誰でもどこでも大韓民国各地に迅速にアクセスできるよう、高速鉄道網を順調に拡充していきたい」と述べた。
BOGYU PARK BOGYU PARK · 2024-04-01 22:17 · 閲覧数 774
全体 0

全体ニュース 266
https://www.tabi.kr/contact