旅コリア・TABIKOREA

中原塔坪里七層石塔

統一新羅の石塔のうち、もっとも大きな石塔で、忠淸北道 忠州市に位置しています。

忠州高句麗碑展示館

こんにちは、1階建ての忠州高句麗碑展示館は、5世紀に高句麗が刻んだ高句麗碑を保存・展示するために2012年に開館されました。忠州は、高句麗の時期には国原城だったのですが、新羅がこの地域を取り戻した後に中原京に改称しました。中原高句麗碑の中原は、忠州市と中原郡に分離されていた時期に発見されたので、一般的に「中原高句麗碑」とも呼ばれたりもします。...

忠州博物館

国宝第6号、中原塔坪里七重石塔がそびえている中央塔公園に位置する忠淸北道 忠州市の忠州博物館

忠州 彌勒大院址

三国時代に開拓された峠の道にある高麗初期の石窟寺院

忠州樓岩里古墳群

新羅が北へ膨張しながら高句麗と対峙する6世紀のことがわかる遺跡

中原彌勒里三層石塔

新羅時代に慶尚道と忠淸道を結ぶ南北交通路の中心として活躍したハヌルチェの忠州​市・彌勒里の忠州彌勒大院址の石窟寺院から東側に500メートルほど離れたところにある高さ3.3メートルの新羅様式を充実に従った素朴な高麗初期の三重石塔です。 スポット名中原彌勒里三層石塔중원미륵리삼층석탑住所忠淸北道 忠州​市 上芼面 彌勒里 58충청북도 충주시 상모면 미륵리 58電話番号043-848...

カテゴリ -忠州市

忠州市[ Chungju-si 충주시 ]