旅コリア・TABIKOREA

国立海洋文化財研究所(旧国立海洋遺物展示館)

高麗時代に難破された船から発掘された文化財を展示する水中考古学博物館

カテゴリ -木浦市

光州広域市から南西へ約80キロほどの場所にある木浦市(モッポ)は、東に笠岩山(121メートル )、西に儒達山(228メートル)、北は阳乙山(156メートル)などの山々に囲まれていて、南は栄山江河口に面しています。

木浦市から西の海にある黒山島の名物・ホンオフェと茹でた豚肉、古漬けキムチを一緒に食べながらマッコりを飲む洪濁三合(ホンタクサムハプ)、ニベの刺身(ミンオフェ)、活きた手長タコのセバルナッチ、カニ肉和え物のコッケサルムチム、太刀魚の煮物のカルチチョリムが木浦市の誇る5つのグルメです。 また、港町であるため、お刺身なども人気!木浦市内の北港(プッハン)周辺には「北港お刺身センター」があり、刺身店が軒を連ねています。

1914年1月に開通された湖南線(大田⇔木浦)の終着駅でもある木浦駅は、今日まで機能しており、2004年4月1日KTX開通によって、ソウルの龍山駅から利用するようになっています。

木浦の中心部にあり、木浦の象徴的な存在である高さ228メートルの「儒達山(ユダルサン)」や、木浦八景のひとつである「カッパウィ」などの観光地などがあります。