• メニュー
  • メニュー

伽耶古墳

伝仇衡王陵

敗亡の悔恨に満ちた駕洛国の最後の王の王陵   こんにちは、釜山近郊にある金海市は、かつて駕洛(または金冠伽耶)国が栄えた町でしたが、西暦532年、新羅の第23代の王・法興王によって併合され、西暦42年首露王(スロワン)が金海に建国した駕洛国は、491年間の歴史の幕を閉じることになります。 2009年7月ユネスコの世界記録遺産に登録された東医宝鑑の町でもある慶尚南道・山清郡に位置する伝仇衡王陵は、...

陜川博物館・玉田古墳群

謎に包まれている古代国家・多羅伽耶(タラカヤ)  こんにちは、釜山市と洛東江を境にして、向かい合っている金海市は、鉄の燦爛たる文化の花を咲かせた古代、伽耶諸国の金冠伽耶があった王都でした。 金海市内には、首露王陵(スロワンヌン)や首露(スロ)王妃陵などの初期伽耶の史跡が多くあり、洛東江の下流を拠点にして、伽耶の優れた鉄製品をつくって、中国と日本との貿易や交流などが行われ、大いに繁盛した金冠伽耶でしたが、洛東江上流と黄江の分岐するところに位置する慶尚南道(キョンサンナムド) 陜川郡(ハップチョングン)...

金海亀山洞白雲台古墳

金海市が一望できる丘陵に位置する6世紀後半期の古墳 金海市の東北にある盆城山と西南麓に位置する金海亀山洞白雲台古墳は、首露王妃陵から北東100m〜500m程度離れており、金海市内が一望できる場所に位置しています。現在、この古墳群は、二つの地域に分かれており、首露王妃陵に近い古墳(A古墳)には、2基があり、金海市の亀山洞(クサンドン)63・64番地一帯にあります。首露王妃陵から遠く離れている古墳(B古墳)は、金海市の亀山洞(クサンドン)81-2番地一帯である丘陵の上(今の金海女子高校の裏)にあり、現在1基のみ残っています。...

昌寧博物館

非火伽耶と称する古代の伽耶文化圏の昌寧郡の博物館こんにちは、釜山の西部を流れる洛東江流域には古代日本と深い交流を行った伽耶連盟王国が6世紀まで繁盛してました。そのうち、非火伽耶とも称する伽耶勢力があった慶尙南道 昌寧郡は新羅という当時の強大国と地理的にもっとも近く、新羅の第24代の王である真興王の「昌寧新羅真興王拓境碑(国宝第33号)」も発見されてすくなくとも6世紀中期ごろには完全に新羅に併合されたことがわかる古代の伽耶文化圏にあった町です。 昌寧校洞古墳群 慶尙南道 昌寧郡 昌寧邑...

梁山市立博物館(北亭洞夫婦塚)

北亭洞古墳群の梁山夫婦塚の模型が展示されている市立展示館  こんにちは、釜山市と北西に面している梁山市は、洛東江を境に金冠伽耶の都・金海市と新羅の勢力圏にあった蔚山市に挟まれた場所にありますが、釜山都市鉄道2号線の梁山駅から車で約10分ほどのところには6世紀初期の伽耶様式の古墳の中に新羅スタイルの金銅冠などの遺物が多く発掘された北亭洞夫婦塚があります。  <北亭洞古墳群>史跡第93号海抜320メートルの城隍山の西側の斜面に並んでいる古墳群に夫婦塚と金鳥塚があります。 ...

居昌開封古墳

居昌郡に位置する伽耶後期の古墳  こんにちは、大伽耶の池山洞(チサンドン)古墳群が位置する高霊郡(コリョンぐん)から光州市の方面へ車で約30分ほど走らせた場所にある居昌開封(ゴチャンゲボン)古墳は、居昌郡(ゴチャングン)市内から北にある海抜200メートルほどの小高い丘陵に造成された伽耶後期の古墳です。...

首露王陵

首露王陵

金海市内に位置する金官伽耶の史跡第73号の首露王陵 釜山の空の玄関口の金海空港が位置している金海(キムヘ)市は、鉄の王国として日本にも良く知られている伽耶(カヤ)という古代王国の文化が栄えた街で、街の中には古代国家の誕生の息吹が感じられる遺跡が散在しています。金海金氏の始祖となる金首露王(キムスロワン)が西暦42年に駕洛国(金官伽耶)を起し、朝鮮半島の南部にあった金官伽耶をはじめとする6つの小国の伽耶連盟が形成されました。...