• メニュー
  • メニュー
高敞支石墓3コース

高敞支石墓遺跡(世界遺産)

韓国は世界有数の支石墓遺跡群地として有名です。2000年ユネスコ世界文化遺産に登録された高敞、和順、江華支石墓遺跡があり、その中でも高敞支石墓遺跡が韓国最大規模を誇っています。

こんにちは、全羅南道(チョルラナムド)光州(クァンジュ)市から北 西へ50分程のところにある全羅北道(チョルラプクド)高敞(コチャン)郡に韓国最大の高敞支石墓遺跡があります。

高敞支石墓遺跡は、2000年に全羅南道(チョルラナムド)和順(ファスン郡、仁川広域市の華(カンファ)郡とともに高敞郡の447期が世界文化遺産に登録されており、6つの区域に区分する支石墓遺跡団地が造成されています。高敞には、短い石柱に巨石を載せた碁盤式と呼ばれる「南方式」を中心にしてテーブル式の北方式、石室の上に蓋石をそのまま載せた蓋石式などの多種多様な支石墓の見学ができます。

高敞支石墓博物館のチケット売り場からまっすぐ歩いて行くと青銅器時代の様々な支石墓が群集している高敞支石墓3コースがあります。韓国では支石墓のことをコインドルと言いますが、紀元前2500年から紀元前1500年頃に造られた支配階級の墓であると同時に儀式用の祭壇としても使用されたとされています。

高敞支石墓博物館から出発するコインドル探訪列車は、1コース、2コースを周り、ここで約10分ほど停車します。

高敞支石墓博物館(コチャンコインドルパンムルグァン)がある竹林里(チュンリムリ)から上甲里(サンガッリ)、道山里(トサンリ)、鳳德里(ボントッリ)、雲谷里(ウンゴッリ)とその一帯には計1550基あまりの支石墓が東から西にわたる約1.8キロの山の麓に散在しています。

高敞支石墓1コース 山の稜線の支石墓。 二つの群集に計53基の支石墓と支石墓の跡があり、テーブル式や碁盤式などの多様な支石墓が分布しています。 上石の重さ4トン~53トン

高敞支石墓2コース 計41基の支石墓と支石墓の跡が平地に群集しています。上石の重さ169トンなどのかなり重たい支石墓が分布しています。

高敞支石墓6コース には、テーブル式や碁盤式、蓋石式の5期の支石墓があり、なかには上石の重さ8トンほどの テーブル式の典型的な北方式支石墓があります。高敞道山里支石墓

高敞支石墓博物館
2008年に開館された3階建てのコインドル博物館は、1階の企画展示室があり、2階の常設展示室では青銅器時代に高敞地域に住んだ人々の生活ぶりを再現するほか、 高敞支石墓の歴史や分布などを一目でわかりやすく展示しています。3階は体験学習室があり、野外展示場では青銅器時代の先史村など、観覧客が自ら体験できる
支石墓に関する体験施設があります。

スポット名高敞支石墓遺跡・高敞支石墓博物館
고창고인돌유적・고창고인돌박물관
住所全羅北道 高敞郡 高敞邑 コインドル公園キル 74
전라북도 고창군 고창읍 고인돌공원길 74
電話番号 063-560-8666
観覧時間 ※ 高敞支石墓遺跡はなし
※コインドル博物館(3~10月)9:00~18:00、(11~2月)9:00~17:00
利用料金コインドル博物館 大人3,000ウォン
コインドル探訪列車 初列車10:30 1時間おきに運行 大人1,000ウォン
時代青銅器時代、紀元前1000年~紀元前100年
指定2000年11月29日、 江華、和順の支石墓群とともにユネスコ世界文化遺産に登録
休業日 なし ※博物館は月曜、1月1日
関連サイト http://www.gochang.go.kr/gcdolmen/index.gochang