ロケ地 聞慶市

聞慶セジェオープンセット場

聞慶セジェにある韓国歴史ドラマセット場
聞慶セジェKBS撮影セット場
聞慶セジェKBS撮影セット場

韓国放送KBSが2000年に放送した特別企画大河ドラマ「太祖王建(テジョワンゴン)」の制作のために設置した聞慶セジェKBS撮影場は、聞慶セジェ道立公園の第1関門と第2関門の間にあり、敷地65,755平方メートルの韓国初の野外撮影場です。撮影場を囲んでいる海抜1017メートルの鳥嶺山が高麗の首都である開城の松岳山によく似ており、後百済の王が甄萱が聞慶市の加恩邑で生まれたので聞慶セジェを撮影場として選びました。

これまで「太祖王建」、「帝国の朝」、「武人時代」、「大祚榮」などのドラマが撮影されましたが、2008年「大王世宗」の撮影のために高麗時代の建物を崩し、朝鮮時代の建物に改築しました。70,000平方メートルの敷地に光化門、景福宮、東宮などの4エリアに130余棟のセット場があります。

基本情報
スポット名 聞慶セジェオープンセット場
住所 慶尚北道 聞慶市 茅田洞 115-2
경북 문경시 문경읍 상초리
電話番号 聞慶セジェ管理事務所 (054)571-0709, 550-6421
入場料 2000ウォン

[Google_Maps_WD id=916 map=452]

※上記の記事は取材時点での情報を元に作成しています。 現地の事情によって今とは内容が異なる場合がありますので、ご了承ください。

BOGYU PARK

日本語通訳案内士 LICENSE NO. 2020-05-0149

コメント登録

Click here to post a comment

口コミを作成する

https://www.tabi.kr/bbs_contact?mode=write&board_action=write