光州広域市 前方後円墳 韓国遺跡地図

光州明花洞長古墳

こんにちは、韓国光州市内から車で西へ約20分ほどの場所に位置する光州明花洞長古墳は、1994年、国立光州博物館によって発掘調査され、古墳の規模が全長33メートル、円形部の直径18メートル、方形部が15メートル、方形部の幅は24メートルで、これまで調査された光州・全羅南道の前方後円墳のうち最も小さい古墳です。また、円形部と方形部を繋ぐ東側には約50センチ程度の間隔で直立して並んでいる円筒土器の列が調査されました。

基本情報
スポット名 光州明花洞長古墳
住所 光州市 光山區 明花洞170-5(月桂洞 765-5)
광주시 광산구 명화동 170-5
電話番号 062-960-8252
入場料 なし
時代 百済、6世紀前半期
詳細情報 光州市記念物第22号
指定 1995年 04月 20日


※上記の記事は取材時点での情報を元に作成しています。 現地の事情によって今とは内容が異なる場合がありますので、ご了承ください。

BOGYU PARK

日本語通訳案内士 LICENSE NO. 2020-05-0149

コメント登録

Click here to post a comment

口コミを作成する