BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

カテゴリ -伽倻古墳群・世界文化遺産

伽倻古墳群は、消えた伽倻文明のアイデンティティを示す独自の文化遺産としての価値が認められ、2023年9月17日にユネスコ世界文化遺産に指定された。

伽倻古墳群は、韓半島南部で1世紀から6世紀半ばまであった古代の様々な政治集団体制であった伽倻連邦国が造成した7つの古墳群で構成された連続遺産である。7つの古墳群は、慶尚南道 金海市大成洞古墳群、慶尚南道 咸安末伊山古墳群、慶尚南道 陜川郡玉田古墳群、慶尚北道 高霊池山洞古墳群、慶尚北道 固城郡松鶴洞古墳群、全羅北道 南原市酉谷里と斗洛里古墳群、慶尚南道 昌寧校洞と松峴洞古墳群などである。

伽倻連盟は古代東アジアの政治的変化に柔軟に対応し、周辺諸国と交流しながら、同時に体制内部の協力を通じて地域の勢力バランスを維持した。

7つの古墳群は、韓半島南部の様々な地域に独立して分布する7つの伽倻政治体制における最上位支配層の墳墓である。 各古墳群はすべて国家中心部の丘陵地にあり、古墳は長い期間にわたって造成され、密集している。すべて同じように記念碑的で精巧に造成された古墳は分散分布しており、丘陵地の立地を探して造成する慣習を共有していることから、同じ文化圏の影響を受けて生活した対等な権力を持った自律的な政治体制が多数存在したことを証明している。

すべての古墳は特別なタイプの石室を備えており、独特の形の土器が出土した。これはそれぞれ「伽倻式石室墳」と「伽倻式土器」として知られている。このような共通点は、伽倻連盟の領土境界を識別することができる。伽倻連盟を認識できるこの二つの指標内においても、各古墳群は個別的な違いがあり、この違いによって各政治体制の自律性を知ることができ、国家の境界を確認することができる。伽倻連盟諸国が対等なレベルの軍事力を持っていたことを推測させる鉄製武器、伽倻連盟に輸入または交換された交易品などのその他の副葬品は、7つの政治体制がどのように政治的に対等に存在し、内部的に対等な地位を維持していたかを示している。

https://www.tabi.kr/contact