石氷庫

新羅時代に王宮として使われたと伝わる半月城の片隅に18世紀に作られた朝鮮時代の天然石氷庫があります。

半分くらい地下を掘り、天井には3つの換気口がある小山のようなこの石氷庫は、冬に氷を保存して夏などのときに使われました。

韓国で18世紀に作られた石氷庫のうち、もっとも完璧な姿が残っている慶州石氷庫は、新羅王宮としての華麗な面影はいまや感じられない広い慶州月城に唯一観光客を迎えてくれる施設です。

慶州月城の石氷庫までの行き方は、大陵苑から瞻星台鶏林を歩いたら正面に横長い月城が見えてきますが、そこの坂道をのぼり、左へ曲がってしばらく歩いたところにあります。

基本情報
スポット名 石氷庫
住所 慶北 慶州市 仁旺洞449-1
경상북도 경주시 인왕동 449-1
時間 なし
休業日 なし
入場料 なし
詳細情報 史跡第18号