BUSANNVI TOUR - 釜山ナビ

松真浦倭城

松真浦倭城は、文禄の役の際、巨済島に建てられた4つの倭城の一つです。山城の周囲は420m、高さは3m、幅は3.2mで、七峰槍と呼ばれる豊臣秀吉の忠臣の一人である福島正則が築いたと伝わっています。しかし、福島正宗は豊臣秀吉の死後、徳川家康の味方となって関ヶ原の戦いに勝利し、広島まで領土としました。

非常に重要な軍事的要衝に築かれた松真浦倭城は、長木弓道場の裏山を100mほど登ると、頂上に約50坪ほどの指揮所があったと推定される敷地があります。

店名松真浦倭城
송진포왜성
住所巨済市 長木面 長木里 山6-3番地
거제시 장목면 장목리 산6-3번지
築城年代1593年
標高90メートル

BOGYU PARK

日本語通訳案内士 LICENSE NO. 2020-05-0149

※上記の記事は取材時点での情報を元に作成しています。 現地の事情によって今とは内容が異なる場合がありますので、ご了承ください。

コメント登録

口コミを作成する

https://www.tabi.kr/contact